不動産を売るまでの流れ

売却までの流れ

不動産を売りたい!でも、売却の仕方がわからない!というお客様のために、ここでは不動産の売却をご検討なさっている方に向け、どのような流れで売却されるのかを簡単にご説明致します。

  • 1.お問い合わせ

    まずは、当社にお問い合わせください。具体的に、不動産を査定する日時を決めさせていただきます。

     
  • 2.価格査定
    お客様の不動産がどのくらいの価値を持っているのかを、専門の人員を派遣して査定します。専門家による、合理的な価格設定がなされます。
  • 3.媒介契約
    当社がお客様の不動産を売り出し、買主を仲介するための契約です。この契約を結ぶことによって、不動産を売ることができるようになります。
  • 4.売却活動
    実際に売却活動を行うことによって、はじめてお客様の不動産が市場に出ます。
    具体的には、近隣へのチラシによる広告、当社の顧客への紹介、 インターネットや不動産情報誌への掲載など、様々な活動をします。これらの活動を通し、お客様の不動産を買いたいという人の目に届くようにします。
  • 5.売買契約
    実際に買主が見つかり、お互いの需要と供給の条件が一致した場合、売買契約に移行します。
    売買契約書にもとづき、最終的な契約内容の確認を行ないます。売主・買主双方が署名・捺印し、
    買主が手付金を支払うと正式に契約が成立します。
  • 6.不動産の引越しの準備
    物件引渡し前の準備を行います。また、ご売却物件に抵当権等が設定されている場合には、抹消登記の準備を行います。 この時までに、修繕等の必要事項を済ませておく必要があります。
  • 7.不動産の引渡し
    買主から残代金を受け取り、関係書類と鍵を渡して物件を引渡しします。